旅行の化粧品を減らす

旅行の化粧品を減らすには?少ない荷物で快適な旅をしよう!

 

旅行の準備をしていると、荷物が多すぎて困ってしまうことがあります。特に女性は、化粧品がかさばってしまいます。でも旅行先でもスキンケアは、手抜きしたくないので、うまく旅行の化粧品を減らす方法を考えましょう!

 

旅行の化粧品を減らす詰替えの実演動画

 

旅行の化粧品を減らすために、100円ショップのダイソーで買ってきた容器に、化粧品を詰め替えている実演動画をご紹介します。

 

 

この動画では福岡に1泊で旅行に行くのに、いかに化粧品を減らすかということで、容器の詰替を行っています。用意したものは、ダイソーで買ったクリームケースや真空タイプのスプレーボトルなどです。

 

まず最初のポイントは、クリームケースに入れる化粧品の量は、なみなみ入れてはダメという点です。たくさん入れても余ってしまうので、使う分だけ入れています。動画では、2プッシュ入れています。

 

化粧品以外ではヘアワックスやトリートメント、更に歯磨き粉もクリームケースに入れて、かなりの旅行の荷物の軽量化に成功しています。

 

真空タイプのスプレーは、容器に詰め替えた後に何度かプッシュして、空気を抜いておくのがポイントです。

 

動画の最後の方で元の化粧品の量と、実際に持っていく化粧品の量を比較していますが、詰替えをすることでかなりコンパクトになっています。旅行の化粧品を減らしたい方は、是非参考にして下さい。

 

 

旅行先でも普段と同じスキンケアをしよう!

旅行の化粧品

 

旅行などに行って普段と違う生活をすると、肌トラブルが起きやすくなります。移動による疲労や、旅行先の水や食べ物が合わなかったり、見知らぬ土地を歩くストレスなどは、全て肌トラブルの原因になります。そんな旅行のときこそ、普段と同じスキンケアをして下さい。

 

旅行でただせさえ肌にストレスがかかっているところに、普段と違うスキンケアをすると、それ自体が肌にはストレスになります。余計に肌が荒れて、旅行もエンジョイできなくなってしまいます。

 

旅行の時は荷物がかさばるからと、化粧品の種類を減らして、手抜きスキンケアをしてしまうのはダメです。例えば、普段のスキンケアでは、化粧水と乳液を付けて保湿クリームを塗っているとします。これを旅行の荷物を減らすために、化粧水と乳液は持っていかず、保湿クリームのみで肌の手入れをするといった具合です。

 

そうすると普段使っている化粧品を、全部持っていかなければいけないと、思ってしまうかもしれません。しかしそれだと旅行の荷物が多くなってしまうので、ちょっと一工夫してみましょう。

 

 

化粧品を小さな容器に入れて持っていく

 

化粧品ケース

旅行の化粧品を減らすのに多くの方が実践している方法が、化粧品を小さな容器に入れて持っていく方法です。容器は100円ショップに行けば、いろいろなサイズのものが売っています。ポンプボトルやスプレーボトルもあるので、用途に合わせて選んで下さい。

 

ソフトコンタクト用のケースも、コンパクトで便利です。密閉性もいいので、化粧品の保存や持ち運びに適しています。ファンデーションや化粧下地、クリームなどを小分けにするには、コンタクトケースがオススメです。コンタクトケースも、100円ショップで手に入ります。

 

もしも化粧品が余っても、家に帰ってからそのまま使えるので、少し多めに持っていっても大丈夫です。使い終わった容器は、キレイに洗って乾かしておけば、また再利用できます。

 

旅行には使う分の化粧品だけを持っていくことで、大幅に荷物を減らすことが出来ます。

 

 

液状のものはコットンに染み込ませて持っていく

 

コットン

化粧水や乳液など液状の化粧品は、コットンに染み込ませて持っていくと、旅行の荷物がかさばらなくて便利です。化粧水や乳液をコットンに染み込ませたら、チャック付きのビニール袋などに入れます。これだけだと圧力がかかった時に、ビニール袋から液が漏れ出すことがあるので、これを更に何枚かのビニール袋に入れておきます。

 

 

 

 

 

ストローはお勧めしません!

ストロー

化粧師などをストローに入れて、旅行に持っていくという人がいます。しかし私は、この方法はあまりお勧めしません。なぜなら圧着を失敗すると、中身が漏れてしまうという点と、ストローの細い口に化粧水などを入れるのが、意外と難しいという2点があります。

 

一応やり方を説明しておくと、まずストローの片側をアイロンなどの熱で、圧着して閉じておきます。そこに化粧水などを入れて、逆側も同じように圧着して閉じれば出来上がりです。使い切りで、ストローは旅行先で捨ててしまえるので、確かに旅行の荷物がかさばらないというメリットはあります。

 

しかし実際にやってみると、私が不器用なだけかもしれませんが、ストローの細い口に化粧水を入れる時に、けっこうこぼしてしまいます。また化粧水が入った状態で、口を圧着するときにも、ちょっと力が入ると中身が飛び出したりします。

 

そして圧着も、一見くっついているように見えても不完全であったり、熱で根本の部分が溶けて薄くなってしまうことがあります。そうすると旅行中に、いつの間にか中身が漏れ出して、バッグの中身が大変なことになってしまうのです。

 

夏などは車の中に荷物を置きっぱなしにすると、車内が高温になって中身が膨張することがあります。また飛行機なども気圧の変化で、ストローの内圧が変化するこtがあります。そうするとストローの圧着が弱い場合は、中身が飛び出してしまうことがあるのです。

 

圧着も慣れれば上手くなるのかもしれませんが、自信のない人は無理してストローは使わない方がいいですよ。私は個人的に化粧水は、前項で紹介しているコットンのほうが、便利だと思います。

 

 

トライアルセットを持っていく

 

最初の方で言っていますが、旅行中もなるべく普段と同じスキンケアをした方がいいので、なるべくならトライアルセットは避けたほうがいいです。しかしながら、自分の肌に合うと分かっている化粧品のトライアルセットであれば、旅行に持っていくのもいいでしょう。

 

トライアルセットのメリットは、最初から5日分や7日分といったように、少量のセットになっているところです。わざわざ、容器に移し替える必要もないので、準備が楽ですね。

 

 

オールインワンジェルを持っていく

 

旅行の化粧品を減らすなら、オールインワンジェルを持っていくのも便利です。化粧水、乳液、クリーム、パックなどの機能が1つになっているので、オールインワンジェル1つだけ持っていけば良くなり、化粧品を減らすことができます。

 

 

ただし普段オールインワンジェルを使っていない人が、旅行のときだけオールインワンジェルを使うというのは、やめておいたほうがいいです。もしも肌に合わなかった場合は、旅行先で悲惨な思いをすることになります。

 

どうしても旅行先でオールインワンジェルを使いたいのであれば、出発日の数週間前からオールインワンジェルを使ってみて、自分の肌に合うことを確認しておきましょう。それで大丈夫だという確証が持てれば、旅行にオールインワンジェルを持っていってもいいでしょう。